2013年11月26日

ドラえもんが青くなった理由が今と昔で違う

ドラえもんが青くなった理由が今と昔で違う
1 :ケンシロウとユリア百式φ ★:2013/11/25(月) 22:22:26.24 0
藤子・F・不二雄の人気コミック、アニメ『ドラえもん』。
日本だけでなく世界中で愛されているキャラクターである。猫
型ロボットと言いながらなぜか耳がなく青くずん胴なボディ。
いつものび太君を助ける核を搭載したロボットである。

そんな『ドラえもん』は元々黄色で耳も付いていたのだが、
とあることがきっかけで耳がなくなってしまったのだ。
それは昼寝中にネズミに耳が囓(かじ)られてしまい、
手術して包帯を取ったところ耳が全くなくなってしまったのだ。
鏡でそんな自分を見たドラえもんは青ざめて今の青色のドラえもんになったというのだ。

これが今我々が知っているドラえもんが青くなったストーリー。

しかし今の若い子達は別の話を聞かされているというのだ。
そちらのエピソードではガールフレンドに耳がなくなった頭を笑われて大泣き。
『元気の素』という秘密道具を使って元気を出そうと思ったのだが、
間違えて『悲劇の素』を飲んでしまったのだ。
それが切っ掛けで泣き続け振動で塗装がはがれ、青くなったのだという。

どちらも公式の設定だが、今と昔とでは設定が異なっているのである。
もしかしたら他にもドラえもんの設定が変わっているところがあるかもしれないぞ。

ソース:ガジェット通信(2013.11.25 15:15)
http://getnews.jp/archives/462516
画像:その設定が書かれてあるコマ
http://px1img.getnews.jp/img/archives/imp/and_462516.jpg


2 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2013/11/25(月) 22:23:32.79 0
宇宙人と遭遇して皮膚が青くなってしまったんだ!

続きを読む
posted by もちもちもも太郎 at 01:50| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。